2017年2月26日日曜日

HONDA新型CBR250RRは最早世界最高品質の造り、7時間試乗

250ccシリーズ
2014年のYZF-R25試乗、2015年のNinja250SL試乗に続き
今日はホンダ新型CBR250RRのレンタル819試乗インプレ・レビューです!
いつもの丸富オート・ハーレーモール湘南へ、お世話になります 

おおっCBR250RRのレンタル819が2台も!
只今絶賛人気です 

マットブラックもいいなあ

私は赤です!

まだタイヤのポツポツ付き笑

ありがとうございます
ちなみにまだ国内仕様は出てないため
試乗はインドネシア仕様車になります! 

オド1465kmスタート
慣らし終わってるぜ笑

今日は天気に恵まれてよかった
風も無し 

おおCBR250RRかっこいい

GoProをミラーに付け、ヘルメットにBS-8を付け
いざスタート!

【HONDA CBR250RR インドネシア仕様 GoPro1 試乗開始】
https://youtu.be/0DF3nsSGiZ8

【HONDA CBR250RR インドネシア仕様 BS8-1 試乗開始】
https://youtu.be/6miu3Ba8P4A

けっこう高回転型!(下が薄い^^;)

【HONDA CBR250RR インドネシア仕様 GoPro2 東名厚木合流】
https://youtu.be/lspP9BTB78o

【HONDA CBR250RR インドネシア仕様 BS8-2 東名厚木合流】
https://youtu.be/T7rNrh_kyCM

合流も楽勝!

【HONDA CBR250RR インドネシア仕様 GoPro6 東名サウンド】
https://youtu.be/7JpTM4dOlnY

音がレーシー!
ちょっとだけギヤ落として音出してみました

100K巡航の時は5速で8,000rpmか、6速はちょうど7,000rpmだった
YZF-R25の6速7,200rpmより若干ハイギヤード 

車体がいいので高速コースの段々もOK!

【HONDA CBR250RR インドネシア仕様 GoPro3 御殿場下道加速】
https://youtu.be/zC_hzJx2aBM

ギヤがクロスしてます!

御殿場かつ栄に到着しました

あ、生姜焼きなんて今度出るんだ
たぶんライバルのさわやか対策だな笑 

おろしかつ定食ヒレ120g、おいしそう~
いつもコンビニ飯だからおいしい~^^; 

キー比較は圧倒的CBR250RRの勝ち
内溝タイプの高級キーだ

一眼レフで撮影開始

写真うつりいい~

この色かっこいい~!

 インプレはもう何も書くことはありません(ええっ)
何の問題も無し 

クセも無く、誰でもすぐ乗れるでしょう

足もベッタリ付く(身長178cm)
ポジションも全然きつくない
Ninja H2比) 

ポテンシャルが高いので
遠慮なくNinja H2と同等のテストを行いました笑

250ccに見えないくらい豪華なルックス

 国内販売価格も高くなることが予想されてるので
 とにかく豪華なんです

 グルッと一周撮影しますね笑 

リヤビューもかっこいいです

MVアグスタに負けてません!

タンクに続く模様がかっこいい 

 YZF-R25に遅れること約2年 

その分熟成されて出てきました!

それではマクロレンズで接写していきましょう

各文字がかっこいい

この歌舞伎ヅラは

アフリカツインのデザインと同じです!

日本の伝統を取り入れます!(画像拝借)

これがいわく付きのポジションランプですね

一体式ウインカーが国内では認可されないそうです
ウインカーの間が250mm以上離れてないとだめらしい

私のシグナスXなんてくっついてるのに^^;)

その下のヘッドライトが特殊
バルブというか、光源が見えないんだよ 

どうも上からダウンドラフトキャブのように下へ光を放ってるらしい

コスト度外視の立派な倒立フォーク

 ブレーキもクセは無くほんと自然に止まります

タイヤはIRC(井上タイヤ)だね

ROAD WINNERと書いてあります

タイヤのパターンは私がシグナスXに履いてたIRCと似てるかな笑

この幾何学模様的デザイン

ホイールのリムラインテープがかっこいいね

とにかく鮮やかできれいです

個人的にお気に入りはこの長いアンダーカウル

後ろまでギリギリ伸ばしてあります

ステップも高級リッターバイク並の造り

エンジンはカウルにすっぽり隠れます

カウルに羽根が生えてます

私の乗ってたZX-12Rみたいだ!

羽根の下は穴が開いて空気が入るようになってます
カウルが複雑なデザインでかっこいいです 

エキパイはウエーブが入って途中短絡タイプです
中低速トルクも出して乗りやすそう 


エンジンは黒一色じゃなくて、あえて存在感を出してるように見えます

リヤのモノサスも十分な性能

スイングアームはちょっとガル入ってる

高そうなスイングアームが入ってます!

このマフラーのヒートプロテクターが造形、材質グッド

マフラーは2本出しでゴージャス

Ninja H2のマフラーに似てます!

リヤもディスク、自然に効きます

リヤフェンダーユニットはかなりしっかりしてる

心にくい荷かけフックも付いてます
頑丈だから引っ張っても大丈夫でしょう 

テールライトも二段重ねデザイン

 テールカウルは穴開きダクト的デザイン
ここの下はバイクを押す時の取っ手にもなってます 

別体式ステーの豪華なタンデムステップ

チェーン、スプロケットは普通

チェーンガードにインフォメーションが書いてあります
インドネシア語ですが、かっこよく書いてありますね 

しっかり食い付くステップバー

エンジンは8,500rpm以上になると俄然ヤル気が出るエンジンです!

シフトリンケージが分かるかな、カウルのすき間にうまく入れ込んでます

この辺の複雑な造形のカウルがかっこいい

往年のCBR250RRの復活です

シートはほんと適度な硬さでグッド

「硬い」とか「柔い」と思わせない秀逸な性能です

問題は短足なサイドスタンド

倒れそうなんです^^;)
ドキドキします 

リヤシートは板だね笑
幅広なカウルといい、もう割り切ってますね笑 

複雑な造形を施したタンク

とにかくデザインは相当の手間暇をかけてます

給油口はレーシングコックタイプ

トップブリッジにはHRCの文字が・・
安っぽさは微塵もありません 

調整式?のフロントフォークですが
一回調整したらこのアルマイト色が傷だらけになりそうな笑 

メーターはデジタコタイプですが、まあ見やすかったです

 必殺溶接跡チェックも見てみましたが^^;)
おおきれいです 

フレームは十分剛性ありますが
ある限界を超えると力を逃がし始めるかな~
そんな気がしました(まあその方が安全) 

この全体に続くデザインがきれい

キルスイッチと一体式のセルボタン
ライトスイッチはこん跡も無し 

250cc初の電子制御スロットルでケーブル一切無し

変なクセも全然ありませんでしたよ
スロットル感覚はライダーの意思のままでした 

ラップタイムボタンがあるぞ! どうやって使うの?笑

スロットルモードは人差し指で3段階に変えられます
CONFORT、SPORT、SPORT+の3段階

SPORT+でもそんなに恐くない(250ccの馬力のためマイルド^^)
CONFORTは使わないかな笑(かなりふん詰まりになります)

なおアクセル開けてる間は切り替わらない(モード点滅したまま)
一旦アクセルオフにすると切替完了してました

一旦キーを切るとSPORTに戻る、その標準走行で十分かも

ミラーがちょーっと後ろ見にくい気がする

後ろ見えないのはいろんな意味でちょっと恐い^^;) 

まあその分レーシーということでしょう

リヤシートはここで外せますが

このベルトがあるため前にスライドしにくい
オーナーの方はベルト取っちゃった方がいいかも(使わないよね笑)

まあ完璧なバイクゆえ細かいところ突いてみましたが笑

そんなことは払拭する位ガッツリゴージャス系のバイクでした

もはや量産型で世界最高品質の250ccバイクかも?

 そんな気がしました

たぶん一般の人はCBR1000RRと見分けが付かない笑

 その位よくデザインされてます

 とにかく派手好きな私はこのカラーリングが気に入りました笑

【HONDA CBR250RR インドネシア仕様 ウォークアラウンド】
https://youtu.be/yVbxOOkTGFg

一周して、いわく付きのウインカーも点けてみたりしてます
全方位デザインぬかり無し

広角レンズでも撮ってみましょう

青空に合います

フロントマスクも複雑な造形ですね

このデザインを超えるライバルはもう難しいと思うな~

もう日本車離れしてるかな

テールカウルがシャープ!

スクリーンは小振りでかわいい

うまくデザインと調和してます

 こんなとこにGoPro付けてみました笑 どんな映像撮れるんだろう
(自分の足ばかり録れてました笑)

【HONDA CBR250RR インドネシア仕様 GoPro4 東名御殿場合流】
https://youtu.be/2DcUcJaI3N4

【HONDA CBR250RR インドネシア仕様 BS8-3 東名御殿場合流】
https://youtu.be/vEskADW0Kdk

帰り、いつもの東名鮎沢PA

ハイウエイも似合います~

かなりアグレッシブなデザイン

やっぱりスポーツバイクはこうでなくちゃ?

CBR250RRはきっとレースでも活躍するでしょう

 レースに勝つために生まれてきた、スカイラインGTRのようなバイクです

レースの世界がアツくなりますね

 そうやって記憶を残していかないとね

この造りならご先祖様の4発CBR250RRも認めるでしょう

写真載せ過ぎたかな・・汗

かっこいいからいっぱい撮っちゃった

ここのピボット部の強化された広大なフレームは気に入りました

国内登場価格は高いかもしれませんが
 満足度も高いでしょう

まあ売る時も高いと思うので損はしないと思います

【HONDA CBR250RR インドネシア仕様 GoPro5 東名鮎沢PA合流】
https://youtu.be/DD6GcWg6360

帰りは大井松田で降りて下道走行チェックもしました

景色のいい曽我梅林

梅の季節とともに春がやってきます

バイク本番

CBR本番ですね

ここのカウル締まり具合もいいです

最初メーターの1速って出るところに

ニュートラの時Nマークが出なくて
ギヤが抜けてんのかと不安でしたが
 よく見たら右上の別なところにNマークが出てました笑

ギヤが抜けるとちゃんと「-」ハイフンマークが出ました笑 
(実践してしまった)

エンジンはこの5500rpmからパワーバンドの第一波が来て

この8500rpmあたりから第二波のヤル気パワーが出ます笑

いいエンジンです

さて返却の前にガス補給

トータル149km走りました

ガス満、レギュラー6.44リッター入って
リッター23.1km走りました
慣らし不要だったので結構回したのでいい方でしょう^^;)

このきれいな女性の方は

プライベートでハーレーのフォーティエイトに乗ってるそうです、すごい!

CBR250RR、250の頂点を獲りに来ました!

今回も新型バイクを楽しませて頂きました
どうもありがとうございました~