2017年6月23日金曜日

50周年にして最終型の限定メッキモンキーが発表されました、価格はよ、40万円!

ヤマハの原付通勤が早や20年近く経ちます
グランドアクシス100 6.6万km、GTR125 8万km、シグナスX 5.6万km・・ 
計20万km

歳を取るわけだ・・

最近はもっぱらバイクのセッティングじゃなくて私の目のセッティング^^;)
やっぱ老眼には遠近両用のコンタクトの方がよく見えるな笑

最終メッキモンキーついに出たああ~
http://www.honda.co.jp/news/2017/2170622-monkey.html

誇らしげにニュースリリース

値段を見てびっくり、ついに40万円の大台へ!
こんな小さいのに!^^;)

モンキーも私と同じ50歳
http://www.honda.co.jp/Monkey/

500台限定の予約抽選です
ほしかったなあ~

2017年3月の東京モーターサイクルショーで

プロトタイプのメッキモンキーを見て

ほしくなり


貯金してたけど、ゴルフの会員権買っちゃったよ~
今日理事会認可
名義変更料で378,000円て何!
なんてゴルフの名義変更って暴利なの^^;)

モンキーが終わると、50ccレジャー、スポーツの時代が終わろうとしてます

ヤマハのページを見ても、50ccのレジャー、スポーツバイクなんて無いでしょう

スズキのページを見ても無いし

ホンダのページを見ると、かろうじてエイプ50がある位でしょう

あとはカブがなんとか

昔はけっこう50ccのスポーツバイクってあったんだよ(30年前笑)

あったけど、最近は50ccの免許新規取得者数がかなり減ってるんだね・・↓
軽二輪+小型二輪の免許取得者数と比べたら、こんなに減ってる

前にも書いたけど、50ccは斜陽化が進みました
http://blueskyfuji.blogspot.jp/2017/05/50cc.html

そもそもヤマハは50ccの自社生産をやめようとしてるし
http://www.honda.co.jp/news/2016/c161005b.html
HY戦争じゃなくてHY提携の時代です

まあ魅力的なスポーツバイクが125ccの方に移ってきたってのはありますね

スクーターも125ccクラスは新型がけっこう出てます

グロム125も新型が出たし

2015年10月の東京モーターショーでは
グロムの新たな挑戦、50ccコンセプトなんて展示してましたが

その後市販モデルが出てこないところを見ると、夢に終わったかな・・

50ccという国内専用モデルの終えんでもありますね・・

世界を見渡しても、50ccのバイクってあまり無いですもんね・・
インド・ホンダ
https://www.honda2wheelersindia.com/
なにこのスクーター、クリック?

なんだかちょっと気になる笑

フラットデザインがけっこうイカすな
ホンダ得意の110ccなんだ 

足回りやエンジンを見る限り、ほとんどナビ110と同じとみた笑
ならよく走ります
こういう激レアバイク大好き^^;)

では日本の50ccバイクの思い出として、写真を載せておきましょう~
私のメッキゴリラ1979年式(エンジンは88ccにしてますが^^;) 

ゴリラだって山にツーリングに行けます

ノスタルジーにひたれます

原付によく乗ってた若い頃を思い出します

経済的です

こんなすごい景色も見れちゃいます

歳を取ると物思いにふけます

結局ハタチの頃から30年間連れ添ったメッキゴリラ

まだまだこれからも走ります

日本の50ccよ、フォーエバー!

2017年6月22日木曜日

欧州勢のスポーツマシンに仲間入りしたヤマハのMTシリーズ

今日は大雨予報のためゴム長出勤です笑

昼間、俺んちの泉区がやばい・・

会社もすげー降ってる・・

でも帰る頃にはやみました

助かりました

風は強いけど、青空が見えます

夜空もきれい

家帰ったら玄関に置いといた車体カバーが水浸し、ザバー
相当降ったんだね^^;)

さて私のブログの週間アクセス数レースでは

MT-10よりも(第4位)

GSX-S750よりも(第3位)

CBR250RRよりも(第2位)

なんとこのバイクがポールポジションです笑
ホンダ・ナビ110!

正直まさかこのバイクが1位に君臨し続けるとは思わなかった笑

そうそう、MT-10のエンジンオイル容量が写ってたんだよ

この写真を拡大すると

ほらやっぱり3.9リッター(3900cc)って書いてあるでしょ

でもヤマハのホームページはかたくなに4.9リッターって書いてあるんだよ!^^;)
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/mt-10/spec.html
ずっと直さないんだよ笑

欧州のヤマハだって3.9リッターって書いてるのに
いつ直すんだろう、こうなったら根気比べです笑

とそれはさておきヤマハのMT-10、MT-09、MT-07は

ヨーロッパも相当意識して作られたバイクと思います

それは最近欧州メーカのバイクが、すごくよくできてるから
危機感からヤマハをそうさせたのではないでしょうか~

そのおかげで、このマークラインズの統計を見ると
https://www.marklines.com/ja/report_all/rep1393_201504
ヤマハのMT-09、MT-07は、デビューイヤーに見事欧州でも販売を勝ち取りましたね
原付っぽくないバイクに赤枠を入れてみました

欧州はもともとヤマハのTMAX500が大人気でしたが
ギヤ付きでも食い込みましたね~

ライバルの欧州のバイクをいくつか紹介すると

MVアグスタのブルターレ800は非常にソリッド
硬質な車体、足回り

媚びを売らない、切れ味鋭い走り

シートなんてカチカチですよ!

ヘコみません!^^;)
イタリアの熱き血潮

トライアンフのタイガーエクスプローラー1200は、自己主張しない速さ

大らかに、そして時に豪快に加速する
その姿はまさにイギリスの紳士です

ドカティ・ディアベル1200は、唯我独尊

理屈抜きで、空気を切り裂き、道を貫きます
イタリアの伝統を誇るプライド

KTMのFull Power Beast、1290 SUPER DUKE Rは、
こう見えて非常に優しい性格で 

ライダーを受け入れてくれます、そして時に荒ぶる
オーストリアの美女と野獣です

今は国産、外車両方選べて楽しい時代ですね^^)

私は来月ホンダX-ADVのレンタル819を予約しました
このバイクも欧州目線の、TMAXのライバル
そして欧州デザインを取り入れたアグレッシブなマシンと思います

自動変速のDCTも試してみたいですが

このバイク

写真うつりがいいんですよね

現代の3Dデザイン

写真を撮ってて、楽しくなりそう
試乗するのが楽しみです!