2016年6月30日木曜日

車バイク開発に必要なもの・・メカ、3D、エレキ、ソフト、みんな必要

会社の帰り、フォード・ジャパンが見えます
フォードは日本撤退が決まったんだ・・

そもそもあの場所は20年前、日産が入ってたんだ
日産が調子悪くなったあと、ローバーが入って
ローバーも売却されたあと、フォードでした 

車バイクの商売は難しいです

アメ車のフォードは撤退なのに
アメ車のハーレーは絶大な人気を得てます・・

車バイク趣味は少数派です

もっと少数派なのは、同じ勤め先の方で
趣味で落語やってる方がいて笑
ほ、本格的!
すごいです、車バイクより少数派ですよね、きっと

車バイクも少数派だと思い知らされたのは

実家跡にアパートを建てる計画をした時

「普通のアパートでなく、ライダーズ・ガレージ付きアパートにしたい」
と言ってみたら
もう間髪入れず聞く耳持ちませんでしたね笑
不動産屋さん2件とも
やめた方がいいって

むしろバイクは騒音がうるさいと苦情が来る
不動産の世界のお荷物扱いのようです笑
不動産ビジネスとバイクのコラボは無理でした・・

私の家の前のバイク貸ガレージが建つ時も大変だったんだよ
町内会の反対が笑
バイク乗りで中立の私は居心地悪かったなー

(画像は本文と関係ありません。中立国のサイド6)
https://www.youtube.com/watch?v=qag0jIENsR0

むしろバイクガレージを利用される方よりも
俺の方がうるさいんじゃないかって汗(ひ、ひど・・)
公民館で業者と話し合った時も住民から
「住宅地にうるさいバイクはごめんです・・あ、大野さんは別ね」みたいな(苦笑)
(※実際は非常に紳士的に議論しましたのでご安心下さい)

その話し合いのおかげもあって
バイクガレージ借りてる方はすごく静かに使ってくれてるので
全然問題はありませんでしたが
ここにある5台ぜんぶマフラー変わってます・・お前だ!

車の商売も難しい

い、1.5兆円支払いって!
和解金が天文学的な数字です

だってVWグループの年間の営業利益が1.7兆円とかその位だよ
1年間タダ働きだよ!

不寛容社会の代償は大きい・・

結果論だけど
VWも

三菱自動車も

スズキ自動車も

タカタもそうですが(写真拝借)
安全や燃費という草食的なビジネスの方が
実は会社としてリスクが高かった
ビジネスは難しいです

よっぽどスリリングなバイク作ってる会社の方が
ビジネスとして安全だったりします
燃費やエアバッグでつつかれることないからねー
ほんと、皮肉なもんですね~

まあ車も技術的に頑張ってます

ドアミラーも無くなってカメラの映像になるとか
よく日本こんなに早く形式認可したな~
まだモノも出てないのに
どうしたんでしょう今回は

ピアッツァの時は
ドアミラーを認可せず無粋なフェンダーミラーにして
デザイナーのジウジアーロ氏を激怒させたのに笑(都市伝説)

いま自動車の電装技術の旬は
リジッドフレキ配線です

すみません写真拝借です
http://www.okp.jp/contents/products/rigidflex.html

とにかくいま自動車の中はワイヤーハーネスの配線がすごくて(例)
銅線や被覆ってすごく重たいんです
(あっという間に配線だけで数十kgとかになる)

それが今や車の中で富士山盛りのようになってる!(写真拝借すみません)
(1回これ食ったことあるけどすごい量だった・・ウプ)

それをフレキシブル配線で結線すると、こんなにスッキリ!
これを車体の前からドア、後ろまで基板を全部
リジッドフレキでつないでしまおうって野望が持ち上がってます

エレキの展示会でも車載フレキだらけでした!
いずれ普及しますかねー

個人的に車バイクの世界で追いついてないなと思うのは
ソフトの著作権の保護(下記が文例として分かりやすいです)
http://www.canon-pps.co.jp/supports/consentagreement.html
ソフトウェアというのは普通、使用許諾契約書というのを結んで
ソフトをあなたにあげたんじゃないよ
あくまで使用権を許可してるだけだからね(所有権はメーカ側)
という契約を結んで、不正コピーや改造を厳しく禁止します

市販ソフトでも、インストールする際クリックラップ契約という画面が出て
同意を取りますよね(たいていよく読まないけど笑)
あれが使用許諾契約です

その契約が、車バイクを買う時ありません
あらためて契約結んだことないもんな・・たぶん

だから今かなりのソースコード行数があるECU制御プログラムは
保護が甘く、第三者に複製される恐れもあります

ECUフルパワーマップにしたって
先駆者が一生懸命実走行繰り返して作った制御マップを
違法コピーして他の業者がちゃっかり使ったりすることもあります

ここがちょっと、車バイクの世界は不安ですね~

まあ我々もここのマップをフルパワーにして楽しんだりするのですが汗
ソフトの著作権の扱いは難しいです

(そもそもこのブログが人の画像よく使ってるだろう! す、すみません)


2016年6月29日水曜日

平成の怪物R32GTRと、27年後のNinja H2

今日はすごい雨だった・・
ワックス塗りたてのステップボードが滑る滑る

雨はよくはじくけどね~

いや確かに私もNinja H2のECUのこと調べようとすると
自分のが出てきてしまいます
正直私は腕がともなってないので
猛者の方に書いてもらいたいんですけどね笑

バイクの世界はやっとECUチューンがやってきましたが

車の世界ではもう20~30年前から当たり前のように
ECUチューンがありました

親しい友人が1989年に出たこの車をすぐ予約して買ったので
私も知ってますが(R32GTR)
もう27年前の話だ笑

当時の走り屋は当たり前のようにECUをチューンしてました
彼らにとって180Kで終わることは
その車の3分の1の性能しか使ってないわけで笑

ロータリーは闇夜が明るくなるほど火を吹きました

R32GTRが出る時は批判もすごかったけどなあ
「あんなのGTRじゃない」
「GTRは、2000ccの、NAの、FRだ!」とね

でもR32GTRが出た途端
そんな批判も一蹴するほどものすごいパフォーマンスで
みんなあ然としました
とにかくメカも、電子制御もすごかった

その頃のバイクの世界と言ったら、まだ純朴な2ストですよ笑
(1989年CRM250R)

うお~モトクロッサーみたいでかっこいいなあ

中空クランクとか、メカで勝負ですよ!

高度なECU制御も、排ガス浄化もありませんでした

よくもわるくもピュアのまま

このアクセサリーカタログのチラシ貴重だなあ笑

最終的にその友人は
ジャパン、ニューマンターボ、7thターボ、R32GTR改、
R34GTRニュルスペック・ニスモ改まで乗って終わりましたが

そんな友人達を見て慣れ親しんでいたので
バイクのECUチューンも抵抗はありませんでした

そんなバイクもやっとCRM250RからNinja H2の過給機付きに
追い付いたのですが笑

トリックスターさんではECUチューンで
シフトダウンのブリッピングにまで対応しようとしてます!
https://www.trickstar.jp/products_news/1018

バイクはとにかくECUチューンが来て
ABSやトラコンなど電子制御が一気に来て
(これも車の世界は20~30年前からある技術です笑)

実戦的な過給機付き車も来て
(これも車は大昔から笑)
楽しみにいとまがありません

まるで盆と正月とゴールデンウイークが一気に来たようです!

これだけ来たら楽しくないわけがない笑

メーカもサーキットをガンガン走れるバイクを作ってくれるし

やっぱり300K出してもブレないバイクを作るメーカはすごい!

300Kって言ったら旅客機が浮く速度ですよ笑
http://www.ana.co.jp/travel/topics/pilot/061101/popup_kl04.html

そもそも最近はインターナショナルなサーキットでも我々を走らせてくれるし

SRTTのように様々なレッスンプログラムもやってくれるし
ナナハンが自由自在になります!

昔は無かったバイクのレンタカーでも色々楽しめるし

レトロでも楽しめるし(30年前のバイク)
逆輸入車でもブライト等でサポートしてくれるし
(昔の並行は全部自己責任笑)

ヤフオクで手頃にバイクを買える時代になったし

バイク好きにはほんといい時代になりましたよ

まあやみくもにバイクブームにならなくていいのですが笑
(引き潮が恐いので)
私が年齢的にバイクに乗れなくなるまで十分楽しめそうです