2017年4月12日水曜日

GSX-S750とGSX-S1000で双璧を成すスズキ

今朝は雨
信号で停まった時に白線の上に足付いたら
思いっきり足滑ってズッコケるかと思った・・
もう停止線の上ツルッツル 
もしバイクで滑ったらひとたまりもないよ

ほんと材質考えてほしいよね、白線とかマンホールとか・・

私はスケートの時
ゴルフおやじだからゴルフグローブしてますが笑

これが氷の時食い付くんだ
態勢崩して氷に手付いてもガッチリ食い付いてくれる
(まあゴルフの時もクラブ滑らないんだけど) 
重宝してます

あれだよね、雪山登山の時も

ウェアがゴルフグローブのような材質だったら
滑落した時に氷に食い付いて難をまぬがれるかもしれないね 

まあそんな材質のウェアだと動きにくいかもしれませんが・・

さて今度の週末は新型GSX-S750を借りるので
予習しておきましょう笑

他メーカのライバルのミドル大型バイクに比べて
(中央が新型GSX-S750)
GSX-S750の利点は

やっぱり4気筒なんだよ
4気筒はコストもかかるし、高級車で、音もいいんだよ

GSX-S750はサウンドチューニングしてる節がありますね
http://www.globalsuzuki.com/motorcycle/products/gsx-s750/
おお吸気音のチューニングか
吸気音はバイクをファンネルにするといい音になるんだよね
その効果か

以前兄貴分のGSX-S1000乗った時も、音は最高だったからね
http://blueskyfuji.blogspot.jp/2015/08/gsx-s1000.html
それも人気の秘けつでしょう~

4気筒の高級車だけど、無駄なところにはコストをかけずに
車両価格を抑えて

パワープライスレシオ(1馬力あたりの車両価格)を見ると
4気筒車の中でGSX-S1000、GSX-S750の2台は
かなりコストパフォーマンスに優れることが分かりました
まあ安けりゃいいってもんじゃないけど、でも
GSX-S750は1馬力あたりわずか8700円です笑

GSX-S750を
ベースモデルとなったRの方のGSX-R750と、ギヤ比を比較してみた
前回GSX-S750のギヤ比を見た時タイヤの幅少し間違ってたな・・
(誤:185mm、正:180mm)

R750は本来14,000rpmまで回りますが、今回はS750と比較のため
両者とも同じ11,500rpm時点で比較しました
すると
ほぼ同じグラフの形ですが
S750の方が上がロングになってますね
これは街乗り、高速巡航、燃費に有利にしてますね~
S750は本来ストリートバイクですからね

GSX-S750はGSX-S1000の成功があったからこそ出てきたんだと思いますが

GSX-S750とGSX-S1000

どちらも味よし、価格よし

現代のライト感覚にマッチしたバイクなのかもしれませんね

GSX-S750とGSX-S1000の違いを見つけるのが難しいこの2台笑
難しいからこそ、2台とも乗るのが楽しみですね

0 件のコメント:

コメントを投稿